消費者金融への苦情はどうすればいいの?

on 10月 24th, 2014 by 管理人

いまや、消費者金融は街のあちこちに存在し、その数も数え切れないほどだと言われてます。名もない小さな会社もあれば、誰もが知っている大手消費者金融企業まで、そのサービス形態も多種多様です。
消費者金融の数が多いということはそれに比例して、利用者も多くなってきているということです。
誰もが、簡単に消費者金融を利用できるようになったこの時代。あまりに簡単すぎて、気がつけば、とんでもないトラブルに巻き込まれてしまったなんてことも、簡単に起こってしまうようになってきています。
そうした消費者金融相談への苦情の相談窓口もまた、至る所で見られるようになりました。
自分ではどうにも解決することができないような借金や、多重債務、金利の過払いや、返済の滞り、ヤミ金に騙されたかもしれない…など、の悩みごとは、一人で考えていても、解決策は見つかりません。そうした時には、一人で抱え込まずにまずは窓口の方へ相談してみましょう。
金融業者・保護団体それぞれ各地に電話やメールなどでお問い合わせできる窓口や各種サービスがあります。
こういった情報もインターネットにたくさん載っています。ただご注意いただきたいのが、違法に相談料などや解決料などを取り立てようとする、さらにタチの悪い業者もあるようです。
相談する際にも、そのシステムなどについてはよくリサーチし、最初にしっかり確認してから、相談をすることをお勧めします。こうした相談窓口も、せっかく存在しているのですから、困った時には是非相談してみましょう。

銀行カードローンとは

on 10月 4th, 2014 by 管理人

これまで銀行は企業への大口融資や、個人向けのローンとして住宅ローンやマイカーローンなどの商品で事業をおこなってきましたが、最近では小口金融市場へ積極的に乗り出し、銀行カードローンを扱う銀行が増えてきました。
銀行でお金を借りるときは担保や保証人を付け、もし返済ができなくなったときは担保を売却したり、保証人に代わって返済してもらうという方法で融資をしていますが、カードローンは無担保でお金を融資し、事業資金以外の用途なら何に使ってもよいという商品で、融資限度額が決まればその範囲内で何度でもお金を引きだせます。
カードローンが利用できる条件として、銀行の審査以外に保証会社の審査に通る必要があります。
保証会社は仮に利用者が延滞や貸し倒れをおこしたとき、保証会社が金融機関へ代位弁済をし、それ以降は保証会社が債務者への債権回収をおこなうことになります。
銀行カードローンのメリットは消費者金融と比べて金利が安いことや、銀行によっては指定口座からの自動振替で残高不足になっているとき、カードローンの利用限度内で自動的に立て替える「自動融資」をおこなっているところもあり、これを利用すれば遅延などの金融事故が防げます。
銀行カードローンのデメリットとして、銀行と保証会社の両方で審査をおこなうことや銀行独自の審査に時間がかかるということや消費者金融は数日の遅延なら見逃す会社もありますが、銀行は1日でも遅れると新規の貸出しを停止し、債権回収に回ることになるので返済期日は絶対に守らなければならないといったことがあげられます。

審査時間が短いのはプロミス、楽天銀行は審査が長い

on 9月 28th, 2014 by 管理人

申し込みをすると必ず行われるのがプロミス審査です。
その審査は時間がかかる金融業者もありますし、短い金融業者もあります。
審査が早いのは消費者金融です。
プロミスやアコム、アイフルなどの大手消費者金融は審査時間が最短30分と短くなっています。
反対に銀行は審査時間が長くなっており数日かかることも珍しいことではありません。
どうしても今日、借り入れをしたいというときには審査が素早く当日に結果がわかるものでなくてはなりません。
そうなると消費者金融を考えたくなりますが、銀行でも審査が当日に完了するところもあります。
例えばレイク、新生銀行カードローンとなりましたが消費者金融だった時代もつい最近までありました。
そのため審査の時間は早くなり、現在の金融業者の中ではレイクの電話申し込みによる審査が最も早いでしょう。
そのメリットはありますが銀行でありながらレイクは消費者金融と同等の金利になります。
三菱東京UFJ銀行バンクイックならテレビ窓口がありそれは消費者金融の自動契約機と同じように利用することができ即日融資の可能性が高いものです。
しかし三菱東京UFJ銀行店舗にしか設置されていませんのですべての人にとって身近というわけではないでしょう。
そうなると今度は考えなくてはなりません。
審査にかかる時間は消費者金融なら30分ほど、銀行なら時間がかかる、それを一般論として覚えておきましょう。
方法を考えることによってそれは変わってきます。

即日借入の消費者金融、引き下げられた金利

on 8月 31st, 2014 by 管理人

消費者金融は即日借入として人気がありますが金利について不明瞭なことがあるでしょう。
銀行なら融資限度額によって適用される金利が決まっていますので自分が借り入れを希望している金額ではどのくらいの金利になるのか利用をする前に確認ができます。
ところが消費者金融はそうはいきません。
金利の幅だけが公式ホームページ上には記載されているものであり、実際に適用される金利がどのくらいになるのかを知るためには利用してみなければなりません。
金利が高いだけではなく不明瞭である、それは消費者金融の残念な特徴になっています。
しかし不明瞭ではあるといっても金利は法律によって上限が決められています。
元本によって変わりますが利息制限法で決められている上限金利は15.0%〜20.0%です。
10万円までは20.0%、それ以降100万円までは18.0%、それ以上が20.0%となっています。
そしてもう一つある上限金利が出資法の20.0%です。
出資法以上の金利では刑事罰の対象となります。
利息制限法以上出資法以下の金利では行政処分の対象となります。
金利の仕組みは消費者金融ではわかりにくくなりますがそれでも出資法と利息制限法に関して知識があれば借り入れ金額によってどのくらいの金利の上限になるのかを推測することができます。
例えば金利が20.0%が上限となっているスルガ銀行ダイレクトワンでは、10万円までの借り入れで20.0%が適用されても利息制限法に基づいてそれ以上の借り入れ金額となれば18.0%と通常の消費者金融を変わらなくなるでしょう。

人からお金を借りる方法とは?

on 8月 25th, 2014 by 管理人

普段の生活の中では、お金は必要不可欠のものです。
自分の収入の範囲内でやりくりをするのが当然なのですが、予想もしない出来事も起こり得ます。
突然の病気や怪我、会社の倒産などでお金に困った場合には、なんとかしてお金を借りることを考えなくてはいけません。
お金を借りる方法には、様々な手段があります。
銀行や消費者金融に相談を行うことも一つの方法ですが、その手続きが難しく感じるかもしれません。
また審査に合格するか、金利が高いのでは、と不安に思われる方も多いでしょう。
親や友人、知人からお金を借りる方法もあります。
信頼できる方に、きちんと事情を説明して、お金を借りるのです。
その際には、丁寧に正直にお話をするようにしましょう。
人からお金を借りるには、なんといっても誠実さが大切です。
返済についてもきちんと説明するようにします。
どのように、どれくらい、いつまでに返済するのかをきちんと計画を立てたうえで、お話するようにしましょう。
相手側も返済の見込みがない方にお金を貸すことはできません。
返済面に納得させることも、お金を借りるために必要なことです。
相手が了承してくれたならば、なるべく早く返済するように心がけましょう。
お金のトラブルは、深刻な人間関係の悪化を招くこともあります。
お金の貸し借りには、信頼関係が大切です。
貴方を信じてお金を貸してくれた方を大切にして、しっかりとマナーを守り、健全な付き合いを続けるようにしていきましょう。

即日融資の危険な落とし穴とは?

on 7月 4th, 2014 by 管理人

金利や限度額などと並んでカードローン選びでポイントとなるのが融資スピードです。すぐに必要な資金を調達することができる融資スピードは、急いでいるときには金利や限度額などの条件よりも優先順位が高くなります。その日のうちに資金調達ができるのが最大のメリットである即日融資ですが、それには危険な落とし穴もあることを忘れてはいけません。

金融取引というのは多かれ少なかれどれもいい面もあれば悪い面もあるものです。融資スピードを急ぐあまり、審査が甘いところを選ぼうと名前も知らないような小さな金融業者から融資を受けてしまうと、「ブラックでもOK」や「ブラック即日」などといった違法業者に手を出してしまう可能性があります。即日融資を行っている業者のなかには、こうした業者が少なからず存在しているのです。

こうした危険な業者に手を出してしまわないためには、即日融資を行っている業者の中でも名前を聞いたことのある業者を利用するのがいいでしょう。名前を知っているようなところは大手になりますから、サービス内容も充実していますし、インターネット申込や振込融資、無人契約機など即日融資を受けやすい手続き環境も整っています。

またもう一つ危険な点として、これは自分自身の問題ですが、きちんとした返済計画が立てられないまま急いで融資を受けてしまう可能性があります。借りたお金は当然ですが返していかなくてはなりませんが、急なことで急いで手続きをしてしまいますと自分が毎月どのくらい支払っていけるのか?などの検討が足りず無理な借入れ・返済計画となってしまい借りた後が苦しくなる危険があります。急いで借りるというときにはこのような点に注意して即日融資にのぞむようにしましょう。

24時間キャッシングのATMも出た!契約機からの申し込み

on 5月 30th, 2014 by 管理人

消費者金融の契約機にはATMが併設されています。
契約と借り入れ返済は別コーナーで行うものです。
今では24時間キャッシングができるATMが出てきたことによって利便性を高めています。

プロミス、アコム、アイフルなどの大手消費者金融は契約機を全国展開させています。
インターネット申し込みが主流となりつつあるこの現代でも、契約機を多く用意しているのはやはり安定した人気があることにほかなりません。
審査時間は平均してみても20分ほどと短くなっており、契約機での申し込みはカード発行までを見ても40分ほどとなっています。

契約機が人気となっているのは即日キャッシングの可能性が高いことにあるでしょう。
しかしそれだけがメリットではありません。
例えば申し込み時に自宅に郵送物が届くことを避けたいとき、契約機は役に立ちます。
なぜ自宅に郵送物があるのかを考えるとわかりやすくなるでしょう。
契約後、自宅に郵送物があるのは契約書類とカードの発行です。
インターネット申し込みは便利ではありますが、カードの発行まではその場で行えるものではありませんので受取は郵送となります。
契約機はカード発行までが契約の流れとなっていますのでその場での受け取りが可能となっています。

消費者金融にはさまざまなメリットが用意されています。
金利が高いと敬遠されていることもありますが、その金利以上のサービスが行われるからこそ今でも人気のある消費者金融になっているのです。